過去のマイコーナー No.1

過去のマイコーナー No.2 過去のマイコーナー No.3
過去のマイコーナー No.4 過去のマイコーナー No.5 過去のマイコーナー No.6
過去のマイコーナー No.7 過去のマイコーナー No.8 過去のマイコーナー No.9
過去のマイコーナーNo.10 過去のマイコーナーNo.11 過去のマイコーナーNo.12
過去のマイコーナーNo.13

「京都市場長のおいしい内緒話」

2004年の秋に出版されました。
京都の食材にご興味のおありの方は一度読まれてもいいと思います。

H21年9月20日 九頭竜川勝山大鮎釣り釣行
お盆以降毎週九頭竜中部地区へ今年は通っていましたが今回は勝山地区に大鮎を狙って釣友のH氏と2人で行って来ました。竹乃家のオトリ屋に到着したのがAM8;00頃早速日券とオトリを買って昨年30センチを2匹も釣った荒鹿橋の下流に直行しました。到着するともうポイントには両岸から竿が並んでいます。竿を伸ばしながら周りを見ていますが殆ど竿が曲がりません。入っているのがつらくなるほど水温が低く朝のうちは苦戦が予想されました。お昼御飯の休憩までに私は3匹、名人のH氏はさすがに10匹近く釣っていたようです。

午後からは水温がぐっと上がり私は対岸に回り昨年いい思いをしたポイントの近くの空いた場所に入りました。2時頃になって22〜23センチの背掛かりの元気の良いオトリが掛かりました。皆さんも経験があると思いますが良いオトリに代わると気合が入り「くるぞ!」と目印に集中します。その瞬間目印が消しこまれて一瞬ラインが何処にあるのか必至に探します。これこそ鮎釣りの醍醐味です。ここから5〜6匹入れ掛かりになりました。それも24センチから26センチの型揃いです。掛かった瞬間竿をのされないようにためて、ためて耐えます。それからじっくりと寄せにかかりタモですくいます。何しろこの同型の鮎が2匹付いているわけですから大変です。しかもすべて背掛かりですからなかなか簡単には寄ってきません。同じ1匹を取り込むのに引き抜いてタモで受けるのとは訳が違います。今年は京都の川は最悪でしたが最後になって楽しい思いが出来て良かったです。
私の一番たいせつな釣り仲間であるGFG四国支部長川村さんのHPです。

>> 戻る

Copyright(C)2004.KYOUYA-SYOKUHIN Corporation.All Rights Reserverd. このサイトに掲載の文章・写真の無断転載を禁じます。