Page.    3    

 京都岡崎 六盛
 串八
 鳥居茶屋 真々庵
 高雄 もみじ家
 梅小路 ん
 たん靖
 亀甲屋
 はつ花
 六本木樓外樓
 山口大亭
 季節料理 門

 萬重
 中華処 楊
 菊の井
 珍念
 たん義
 閑人
 MR.HAL(ミスターハル)
 華泉
 和久傳
 あんじ
 音戸山山荘 畑善

 本格中華 寒山
 一之舟入
 花心亭 美濃幸
 魚三楼
 繁なり
 千花
 きんよね
 料亭旅館 清和荘
 丁子屋
 よこちょう
 炭火串焼き 串くら本店

 居酒屋 まもりや
 田鶴
 リストランテ・ストラーダ
 中国料理 モリタ屋
 四季旬菜 こむ
 菜庵
 囀(さえずり)
 八つ橋庵 かけはし
 南紀白浜 幸寿司
 まんざら本店
 萬平

 山里料理旅館 いそべ
 有職京料理 西陣魚新
 京お好み鉄板焼 おいで
 京料理 旅館 嵐山辨慶
 楽座
 泉仙 大慈院店
 鶴喜そば製菓
 百万遍 ハイライト食堂
 風枝(かぜえだ)
 とりくら

本格中華 寒山  京都市右京区西院六反田町2 アメニティー京都二番館1-3 TEL:075-326-0232
私の中華関係のお客様の原点ともいうべき方がここのオーナーさんです。オープンされてまだ2年たらずですが、オーナーさんとはかれこれ20年のお付き合いになるのではと思います。東京のほうで勉強されて京都に来られてからは大きな幾つかのお店を立ち上げてこられました。現在は客席30席ぐらいのお店ではありますが本格的なおいしい中華が頂けるお店として、熱心なファンがお見えになるお店です。コックさんの仲間からもたいへん人望が厚く、若いコックさん達も勉強によくこられるようです。名物の黒ゴマタンタン麺や海鮮ラーメンを私はお昼によくいただきます。


一之舟入TEL:075-256-1271
京の町家をうまく利用した創作中華のお店です。河原町御池を一筋北へ上った、京都ホテルの北側に位置する細い通りを一之舟入通りと言いまして、その昔、船宿として栄えた頃の面影を残す町家が残っております。私も京都に住みながら、このお店に寄せていただくまでにこんなところに高瀬川からの水路があるとは知りませんでした。こんなホッコリとした雰囲気の中でのお食事が女性に大人気です。昼時には女性のグループでいつも満席で、お手軽なランチメニューも用意されています。オーナーの魏さんは横浜中華街の出身で、たいへんユーモアのある楽しい性格の方で、料理の腕も一級品です。私もある会で、めったにいただけないような特別なメニューのコースを二度ほどいただいていますが、最後のデザートまで大満足でした。昨年にはお隣の町家を改築されて店が広くなり、利用しやすくなりましたし、一品のメニューもグッと充実してリニューアルされました。最近四国からの女性のお客様を数人ここへご案内させていただいたのですが、京都らしい趣のあるところでのお食事をと言う事と、前日が和食だったこともありましてこのお店を選ばせていただきました。皆さんに大変喜んでいただきすっかり京都ファンになっていただきました。機会がありましたら雰囲気だけでなく、創作中華の本当の味をお楽しみください。


花心亭 美濃幸TEL:075-211-3836
ここのお店は、最近新しいお店が次々に誕生している京都の名所、「先斗町」にあります。そして、京都の老舗の料亭、美濃幸さんの姉妹店でもあります。先斗町はこの数年の間にずいぶん様子が変わってしまい、京都に住んでいるものとしては少し残念な気もしないではありません。さて、この花心亭さんのコンセプトは、若い人たちにも気軽に京料理を食べていただこうというのがねらいで低料金でしかもきちっと手を書けたお料理を提案しようと言うのが基本にあると思います。店の雰囲気は明るいイス席で、和食の料理屋さんとは少し違った清潔で明るいイメージの作りです。このお値段でよくがんばってられるなあと思いました。このお店はさすが、美濃幸さんが主家だけあって、値段は安くても手をきちっとかけてあるなと思いました。いつも女性客で一杯だそうですが、京料理を身近に感じることのできる店だと思いますので是非一度運ばれるとよいと思います。また、旅行客の方などには先斗町散策の折など、京都を満喫できるのではないでしょうか。


魚三楼TEL:075-601-0061
京都市内の南の端のはし、伏見にある240年あまり続く老舗料亭です。もう10年近くになると思いますがお店を普請された時にそのまま残された店先には幕末の鳥羽、伏見の戦いで刻まれた弾痕のあとのある格子戸があり、このお店の歴史を物語っています。今はもう9代目がお店を取り仕切っておられます。真中に庭を配した数寄屋造りのしつらえは、京料理のおいしさを一層際立たせてくれます。伏見は全国に知られた酒処でもあり、酒蔵などが立ち並ぶ歴史を感じさせる町並みが今も残るところであります。9代目は老舗の殻にとらわれずに新しいことにも積極的に取り組まれています。伏見の銘酒と老舗の京料理最高の組み合わせといえるでしょう。

繁なり
このお店は老舗の仕出し料理店「二和佐」さんの息子さんがやっておられるお店です。彼は、お笑いの世界に足をつっこんだことがある異色の経歴の持ち主ですが正統派の二枚目で割烹着姿の大変よく似合う方です。私の最近の最もお勧めの店です。その理由は料理に遊び心があって大変勉強家です。一つの材料をああしたらどうやろ、こうしたらどうやろ、、今日はこの材料この材料をこんな風にしてみましたんやけど・・と勧めてくれはります。彼は宿題を出されるとファイトがわくようで、「こんなお酒やワインに合う料理を考えてくれまへんか」といろいろ難題がもちこまれるようです。こんな人ですから、いろいろなお店もよくご存じで、御一緒させていただいた事もあります。ご予約されるときは気兼ねなく、ご要望を相談されるときっとそれに応えてくれるでしょう。

HPアドレス:http://www.hannari.net/

千花   京都市東山区四条縄手東入ル南側 TEL:075-561-2741
南座から八坂さんの方へ歩いてすぐのところに、四条通りから奥まった細い路地の奥にこのお店があります。ここのご主人、今は二人の息子さんがお店を守っておられますが、祇園の芸妓さんの間でも有名なほど「へんこ」な人だったそうです。私も確かなことは知らないのですが、京料理を若いときから修業されてきたのではなく、料理好きがこうじてこの世界に入られたと聞いています。しかしここの料理、永楽さんが近くにおられたこともあって永い間コツコツとためてこられた素晴らしい器に少しずつ、すこしずつ出されてきます。素材を活かした料理は本当においしい。このお店は関東の方も多くまた、海外のお客さんも来られるということで、お刺し身に必ず本当に細かく刻んだ昆布を添えて出してくれはります。これが刺し身に馴れない外国のお客さんには生魚の抵抗感がなくなるようです。昆布〆めとは又違った頂き方です。一つ印象的なのは食事をしている間中ご主人が味見を続けられていたお吸い物の味。お吸い物がこんなにおいしいものとは・・感動的でした。本当に丁寧な仕事をされるお店です。

きんよね   西大路仏光寺上がる西側 TEL:075-311-1895
オープンされてもう3年近くなるのでは。今の3代目が今風のメニューでお食事の出来る店をされる前までは、京都でも有名な「きん米」という仕出し料理の老舗でした。僕等もまだ覚えておりますが、先々代はなかなか厳しいお人でして立派なお弟子さんがこのお店から何人も巣立っていかれてます。そんな老舗の伝統を守りつつ新しいメニューを加えてお食事処として、西院の地の利を生かして2代目、3代目が頑張っておられます。

京都伏見 「料亭旅館 清和荘」  京都市伏見区深草越後屋敷8番地 TEL:075-641-6238
伏見区深草の地に昭和の初期に居宅として建てられた建物を初代が昭和32年に料亭旅館として創業されました。現在は三代目が自ら包丁を握りこの地に確固たる地位を築いて来られました。70名様までお使い頂けるお部屋も有り和風椅子式宴会場、またご結婚披露宴などにご利用されております。広々としたお庭では、夏の間はビアガーデンや流しそうめんなども行われており、たくさんの方が涼を求めておいでになります。気さくな三代目は料理人仲間でも評判の世話好きで、この趣あるお庭を利用したミニコンサートや各種イベントにもきっと良いアイデアで協力して頂けることでしょう。

HPアドレス:http://www.seiwasou.com/

丁子屋  中京区御池通高倉角ホテルギンモンド京都地階 TEL:075-257-0116
ホテルギンモンドの地階にあるお店です。鹿ケ谷山荘をはじめ市内を中心に6〜7店出店されているようです。京都の人なら一度は目をとめられたことがおありと思いますが、岡崎天王町のところにひときわ目を引く西洋民芸のお店がありますが、そこも同じ経営と聞きなるほど丁子屋さんのお店のインテリアが独特の雰囲気をかもし出しているのが納得できました。料理は和食をベースにした創作料理が中心でお店の雰囲気ともマッチした女性に人気のメニューが工夫されています。値段もお手軽な居酒屋感覚で行ける価格帯ですし、お昼には沢山の近所のオフィスの方々がゆったりとしたスペースでのランチを楽しまれています。
よこちょう  京都市左京区川端二条東入る TEL:075-752-1531
京都の居酒屋さんの名店に数えることの出来る中の一店ではないでしょうか。大将はもともと魚屋さんの出身と聞いていますが、居酒屋と呼ぶにはちょっと失礼なくらい魚に関してはかなりレベルの高いものが種類も豊富においてあります。客単価もしたがって普通の居酒屋さんよりもかなり高いと思いますし、お客さんの年齢もかなり高いとおもいます。6時〜7時の時間帯はまず予約なしでは座ることが出来ないとおもいます。一品物はもちろん、鯖寿司、あなご寿司、などの御飯ものもしっかり手をかけてありさすがによく流行っているお店だけのことはあります。もちろん焼酎や地酒の種類も豊富でお魚に目のない人でお酒が大好きな人にはたまらん店だとおもいます。


炭火串焼き 串くら本店  京都市中京区高倉御池上る柊町584 TEL:075-213-2211
馬目樫のものを使用。店に上がってすぐのところに設えられた大きな火床でこだわりの材料が串に打たれて焼かれていきます。メニューもシンプル。鶏を中心とした串焼き。野菜の串焼き。鶏以外では豚バラ、牛ロース、生麩、もち、海老。あくまで炭火串焼きにこだわった構成です。京都に来られたときには、値段もリーズナブルでなおかつ京町家の持つ落ち着いた雰囲気を味わうことの出来るこんなお店はいかがでしょうか。京都の地元の食材と京都の風情を一緒に満喫してください。

    3    

>> 戻る

Copyright(C)2004.KYOUYA-SYOKUHIN Corporation.All Rights Reserverd. このサイトに掲載の文章・写真の無断転載を禁じます。