Page.        

 京都岡崎 六盛
 串八
 鳥居茶屋 真々庵
 高雄 もみじ家
 梅小路 ん
 たん靖
 亀甲屋
 はつ花
 六本木樓外樓
 山口大亭
 季節料理 門

 萬重
 中華処 楊
 菊の井
 珍念
 たん義
 閑人
 MR.HAL(ミスターハル)
 華泉
 和久傳
 あんじ
 音戸山山荘 畑善

 本格中華 寒山
 一之舟入
 花心亭 美濃幸
 魚三楼
 繁なり
 千花
 きんよね
 料亭旅館 清和荘
 丁子屋
 よこちょう
 炭火串焼き 串くら本店

 居酒屋 まもりや
 田鶴
 リストランテ・ストラーダ
 中国料理 モリタ屋
 四季旬菜 こむ
 菜庵
 囀(さえずり)
 八つ橋庵 かけはし
 南紀白浜 幸寿司
 まんざら本店
 萬平

 山里料理旅館 いそべ
 有職京料理 西陣魚新
 京お好み鉄板焼 おいで
 京料理 旅館 嵐山辨慶
 楽座
 泉仙 大慈院店
 鶴喜そば製菓
 百万遍 ハイライト食堂
 風枝(かぜえだ)
 とりくら

萬重   京都大宮今出川上る TEL:075-441-2131
萬重さんは京都西陣にある老舗の料亭です。京都で西陣と言えば昔から機の織り機の音がどこを歩いていても聞こえてくるそんな京都を代表する産業「西陣織り」の中心地でした。今は織り屋さんもめっきり少なくなってしまいましたが、それでも京呉服に関係したお商売のお家がまだまだ沢山残る土地柄です。そんな西陣で味にうるさい旦那衆に鍛えられてきたのが萬重さんです。北野の天神さんや陰陽師阿部清明で有名な清明神社などにも近く、法事や大小の宴会に皆さん御利用されております。

中華処 楊   京都市中京区四条堀川東入ル北側 TEL:075-211-1333
お店の名前のとおり二代目の華僑の楊さんのお店です。オープンカウンターでお客さんとの交わりを大切にされる昔ながらの中華屋さんといった感じです。でも料理のレベルはちょっと高いです。値段が高いというわけではありません。それもそのはず、ここのオーナーの楊さんは中華のコックさんが集まる「琢磨会」の会長さんでコックさんを集めて勉強会を開き、会員相互のレベルを高めるような活動をされています。さらにこの方のもっとすごいことは19年間に渡り580回にも及ぶ養護施設などへのボランティア活動です。調理器具や材料すべて持ち込んでの出張料理を長年にわたりつづけており、数々の表彰なども受けておられます。一口に580回といいますが奥さんや家族の理解がないとやろうと思ってできるものではないでしょう。彼の夢は奥さんと二人で全国の施設を調理器具をつんで回ることらしいです。すごい人ですね!こんな方ですから中華の世界の人は勿論、多種多様な分野の人たちの人脈を持っておられ人望も厚い人ときいています。新しくお店を出されるオーナーの人などは色々と相談にこられるようです。本当にアットホームな気さくなお店でテーブル席のほかにカウンター、小部屋、また20人ぐらい入れる座敷もあり、ちょっとした集まりには足場もよく、気楽に予算の相談にも乗ってもらえる嬉しいお店です。人気のメニューは中華風カツ丼、フカヒレラーメン、などがあり、コースの料理の中の巣籠盛り料理なども評判です。


菊の井   京都市下京区四条木屋町下る TEL:075-361-5580
今や、京都の料理屋さんを代表する顔になられた感がある、村田吉弘さんのお店です。主家の方は、八坂さんの奥にある円山の料理旅館ですが、木屋町のこのお店が活躍の場です。NHKの今日の料理をはじめ、テレビ、雑誌、新聞とお忙しい人です。この3〜4年前には東京の二子玉川の高島屋にも出店され、私も東京に出張で行った折に見せてもらいにいきました。もともとはフランス料理の勉強をされていたそうで、その一端がときどき料理にも顔を出します。ここの料理は毎月変わるコースメニューになっていますが最初から最後まで見た目にも、そして、ボリュームにも納得させられます。おわりの季節のご飯も人数分だけお釜でだしてくれはりますが、残りは必ず折に詰めてくれはります。そして天ぷらはメニューには出てきません。新鮮なよい材料を使えば天ぷらはどこで食べてもおいしいということであえてメニューに入れないそうです。彼は、たぐいまれな食いしん坊な方だとたびたび話を聞きますが、そのことが村田さんの料理の原点でありお客様に満足して帰っていただく料理につながっているのでしょう。最近は外食産業のコンサルティングの仕事もなされているようで、ますますお忙しい日々を送られているようです。どんなに忙しくても京都におられるときはカウンターに必ず入ってがんばっておられる菊の井さんへ京都にこられたときには一度足を運ばれてはいかがでしょう。


珍念   京都市北区烏丸紫明上ル東側 TEL:075-451-5859
昨年の秋で10周年を迎えた、京都で一番おいしい鮨屋です。お鮨屋さんを何軒も知っているわけではありませんが、私が一人そう決め込んでいるだけです。ここの大将、まだ40歳ぐらいだと思いますので、30歳ぐらいでこのお店を始められたことになります。ひょんなことでオープンしたてのこのお店を知る事になり、本当にたまにしか行きませんがお店が順調にはやっているのを喜んでいる一人です。若い上に童顔のために、最初はお客さんに甘く見られたりした頃もあったようですが、何はさておき、出てくるものがすべておいしい。だから人に紹介しても喜んでもらえるのだと思います。ちょこちょことした付き出し、あるいは焼物、そしてたき物もおいしいものをだしてくれます。もちろんお鮨は太鼓判をおせます。今まで人を連れて行っても必ず喜んでもらっています。最近時々残念なのは、料理のわからない若い飲み屋の女の子を連れたカップルが目に付くことで、この店は大事に皆で盛り立てていきたいなあ、と一人思うこの頃です。市内の中心からは少し北のほうになりますが、お鮨の好きな方はぜひ一度足を運んで欲しいものです。予約をされたほうがいいと思います。

たん義   祇園花見小路新門前西入る TEL:075-561-0446
私、この店に寄せていただくようになってかれこれもう20年は経っています。その間に今の真の板前さんで4人目の方が店をしっかり守っておられます。前の3人の方もそれぞれ独立されて「たん靖」、「たん義三津川」、「たん周」といづれも「たん」の名前のついた立派なお店をやっておられます。そんなわけですからおかみさんにもいろいろお世話になってきました。私の京料理との出会いの原点のお店といっていいと思います。決して料理にこる、というようなお店ではなく、正統派の板前割烹のお店で四季折々の旬のものをきちっとした味付けで出してくれる店だと思います。忙しい時間帯になるとオープンカウンターの中の板前さんの高下駄のせわしげな音、そしてきびきびした身のこなし、これも私にとっては板前割烹のお店のもうひとつのごちそうです。20年前と変わらぬ店構えで今日もおかみさんが小さな体で「よう、おこしやす。」と出迎えてくれます。気心も打ち解けて好みの料理をおいしいお酒と共にいただく至福の時間がゆっくりと流れていきます。

閑人   京都市東山区高台寺北門前西鷲尾町505-1 TEL:075-551-6011
高台寺、ねね通りの最高のロケーションにある料亭です。ちょうど和久傳さんと向かい合わせにお店を構えられています。観光シーズンともなりますと、最近京都の夜のライトアップがあちこちで行われて大変好評を得ているようですが、高台寺さんも例外ではなく、夜でも大変大勢の方々がこのあたりを散策されています。こういう場所的なこともありまして他から京都へ来られたお客様などにご紹介する機会が何度かありました。中にはここのお料理をいただくことを目的に京都へ再度お越しいただいた方もおられました。やはり京都は京料理の本場、おいしい京料理を食べることを目的に京都にやってこられる人がいらっしゃるということは京都の人間として誇らしい気持ちがいたします。さて、この閑人さんは東山安井の方でお茶屋さん等の仕出し料理で有名な「井筒」さんのご主人がこの場所で料亭をやられたお店です。以前、安井のほうでは割烹のお店も出されていたこともあり、その腕前は折り紙付きです。ご主人の性格なのでしょうが、料理にちょっとした工夫と遊び心が感じられるところが人気の秘訣かもしれません。蔵を改造したお座敷などもありますが、気楽に庭を眺めながらのお座敷のカウンターで気心の通じた方といただく料理も楽しいものです。よく出てくる料理に、石焼や、キスと平目を白板の昆布を間にしいて二段重ねにして出されるお刺し身などがあります。他から京都に来られる方なんかには絶対受けると思いますので要チェックです。

MR.HAL(ミスターハル)  中京区烏丸六角下るカラスマプラザ21(B1)  TEL:075-241-6039

格調高いスペースで評判の料理長が腕をふるう中国料理をヨーロピアンスタイルのサービスでいただきます。
アイボリーを基調にしたゆったりと空間でお食事が楽しめます。
広々としたスペースはレストランウエディングにもピッタリで各種のパーティーに多くご利用されておるようです。

   

華泉   京都市伏見区醍醐鍵屋町8-4 TEL:075-574-8700
伏見区醍醐の外環状線沿いにお店はございます。駐車場も十分に完備され、30名様以上の宴会も十分に行えるお部屋も有り皆様に喜ばれております。オーナーシェフの中村さんは京都のいくつかの有名店の料理長を経験されてきた腕の確かな実力の持ち主でもあります。調理場の中は実力派揃いで厳選されたメニューに新しい感覚を取り入れて、華泉独自の本格的中国料理をリーズナブルな価格で提供されております。

   

和久傳   京都市東山区高台寺北門前町下河原東鷲尾512 TEL:075-533-3100
高台寺本店、室町三条、JR伊勢丹11階、そして私の家のすく近く大徳寺のそばに紫野店があります。このお店、もとは丹後峰山の料亭旅館と聞いており、今でもそのままにしてあるそうです。おかみはこの料亭を再興されることを夢見ておられると伺っております。高台寺本店は数奇屋建築で有名な中村外二さんが仕事をなされた建物で、立派ないろりのある和室は趣があります。(中村外二さんは私の 居家のすぐそばに住んでおられたのですが数年前になくなられて息子さんがあとを引き継いでおられます。)もちろん峰山の料亭も中村さんの手に託されるのでしょう。和久傳の料理といいますと、素朴さを非常に重んじられているように思われます。高台寺和久傳の松葉カニの料理は有名です。使われる松葉カニは本当に選りすぐられた物を山陰から専門の業者さんが運んでこられます。カニもそうですがこの店の料理の特徴の一つは目の前で焼いて出される炭焼の焼き物でしょう。旬の材料に季節を感じながらいただくと名物の竹酒も一層すすみます。和久傳のもう一つの顔は東京でも手軽に手に入る京風の佃煮とお弁当です。両方ともに洗練された京都の雰囲気を十二分に味わうことができ、私も京都から他府県に移られた友達なんかに送ったりすると「やっぱり京都は違う、こちらでは味わえないと大変な喜びようです。ぜひ一度味わってみてはいかがでしょうか?今までに印象に残っている料理に「花山椒の牛しゃぶ」があります。料理としてはこっているのかどうかというのではなく、このアイデアがすばらしい。薄味のだしの入った鍋に四月の中頃、ほんの2週間だけ出まわる、高価な花山椒をおしげもなく山盛りに入れまして、その中で牛しゃぶをして食べるのです。それとデザートに出された黒ごまの自家製羊羹、これはほんとうにおいしかったです。
居酒屋 あんじ 府庁前店 :上京区釜座通り椹木町下ル夷川町375 ポパイビルB1 TEL:075-212-0014
居酒屋 あんじ 六角店 :中京区六角通り烏丸東入ル堂之前町231 星の子ビル2F TEL:075-231-5375
店舗がありそのどちらの店もオーナーさんの心意気が伝わってくるような元気いっぱいの店です。料理は新鮮なお魚中心のメニュ―ですが、安くて、ボリュウームがあり、そして美味しい。本当にこの値段でいいのと言いたくなるような店です。よくしたもので、お客さんは皆情報が伝わるのでしょう、もう時間帯は人が溢れかえっています。なにはともあれ一度行って確かめてみてはいかがでしょうか? グループ何人かで行かれるのを勧めます。
お勧めは3,500円の贅沢コース。満腹しますよ。

HPアドレス:http://www.anji-gr.com/

音戸山山荘 畑善   京都市右京区鳴滝音戸山6-18 TEL:075-462-0109

数年前にこの地に移られてきました。ここは御室や高雄、そして嵯峨から嵐山方面に比較的近い位置関係にあり、この山荘からも仁和寺の塔をはじめ美しい京都の町並みが一望出来る素晴らしいロケーションがひろがります。音戸山と言えば知る人ぞ知る超高級住宅街。その中の一軒の邸宅をそのまま料亭として使われています。静かで落ち着いたたたずまいと広々としたお庭、その中で頂くお料理は最高です。以前は「等持院 畑善」として京都では少しは知られたお店をされていました。料理はもちろん大変美味しいのですが、ご主人の人柄なのか、季節季節の食材に合わせた器、これはもう感動ものです。長い年月をかけて集められてきたのでしょうが、食事を頂きながら思わずうれしくなって笑みがこぼれる自分がそこにありました。等持院の時代から京漬物のお寿司などをよく出せれたりしておられましたが、お寿司も結構得意でコースの中には必ずお寿司が組み込まれているようです。四季の折々に訪れてみたい名店の中の一つです。

        

>> 戻る

Copyright(C)2004.KYOUYA-SYOKUHIN Corporation.All Rights Reserverd. このサイトに掲載の文章・写真の無断転載を禁じます。