アマダイ はも 加茂なす 万願寺唐辛子
だし 京とうふ 海老芋 湯葉
竹の子 本もろこ 九条ねぎ 汐鯖
イイダコ 生じゅんさい 京都宮津産トリ貝
とうがらし おいもさん 大徳寺納豆 棒だら
かぶら(蕪) 津居山の丸ガニ 明石鯛 油目
山椒 京生麩 茗荷 薄口醤油
ゆず 松茸 紫ずきん 金時にんじん
くわい 丹波黒大豆 さわら 京水菜(壬生菜)
ゆりね 手長海老 白みそ まなかつを
うり アマガレイ 丹波栗 ぶり
しらさ海老 京酢 やまいも あわび
里芋 岩牡蠣 車海老 ちりめんじゃこ
目板カレイ からすみ とこぶし 助子
穴子(マアナゴ)
車海老

我々も長い間冷凍海老を取り扱ってきましたが、商売を始めた頃は冷凍海老イコール大正海老でした。赤箱、青箱の二種類があり青箱のシースワローブランドの方がグレードの高い方でした。懐かしく思い出される方もおられることと思いますが、最近の商社の若いバイヤーで大正海老を見たことがないだけでなく知識としてすら知らない人達がいるという話が話題になりまして驚きました。

車海老は台湾の「ウシエビ」より早く養殖技術が日本で確立され九州を中心に現在も高級食材として販売されています。味は何といっても車海老に勝るものはないと思いますし、この赤と白の格子模様は目でも楽しむ京料理の食材としても貴重な存在です。天然海老ということで考えてみると国産では車海老以外では「しらさ海老」「熊海老」ぐらいしか大型に育つ海老はないのではないでしょうか?

車海老は別名小型のマキエビ、そして更にもう少し細かいサイズのものをサイマキエビと呼び使い分けされています。我々が扱う養殖の活物も安値5000円台、高値13000円ぐらいまで本当に値段の変動の激しい商材でもあります。特に祇園祭の頃の京都の市場では毎年1万円を軽く越えて取引されるためメニューに入れるのには注意が必要です。この時期あがりでも7000円とか8000円で取引されることがあります。料理によっては中国の活〆やオーストラリアタイガー、モザンビーク、香港などの冷凍品も一考されてもいいのではと思います。

>> 戻る

Copyright(C)2004.KYOUYA-SYOKUHIN Corporation.All Rights Reserverd. このサイトに掲載の文章・写真の無断転載を禁じます。