アマダイ はも 加茂なす 万願寺唐辛子
だし 京とうふ 海老芋 湯葉
竹の子 本もろこ 九条ねぎ 汐鯖
イイダコ 生じゅんさい 京都宮津産トリ貝
とうがらし おいもさん 大徳寺納豆 棒だら
かぶら(蕪) 津居山の丸ガニ 明石鯛 油目
山椒 京生麩 茗荷 薄口醤油
ゆず 松茸 紫ずきん 金時にんじん
くわい 丹波黒大豆 さわら 京水菜(壬生菜)
ゆりね 手長海老 白みそ まなかつを
うり アマガレイ 丹波栗 ぶり
しらさ海老 京酢 やまいも あわび
里芋 岩牡蠣 車海老 ちりめんじゃこ
目板カレイ からすみ とこぶし 助子
穴子(マアナゴ)
岩牡蠣

岩牡蠣は夏牡蠣と呼ばれるように暑い夏に旬を向かえる夏の食材です。ご存知のように20cmもあろうかというぐらい大型の牡蠣です。

物の本によれば陸奥湾から以南、九州までかなり広範囲に獲れるもののようです。いつ頃からでしょうか、ちょうっとした居酒屋さんあたりでもメニューに登場するようになりました。牡蠣好きの人にとってはレモンを絞って生でいただく岩牡蠣はたまらないようです。僕の印象では以前はこれほど食べられていなかったように思いますし、すごい貴重な高級品のイメージを抱いていました。

関東の方は能登の岩牡蠣が珍重されている話を聞いたことがありますが、京都の市場で言いますと若狭の小浜、山陰の鳥取、そして九州、あたりからの入荷が中心です。近年獲りすぎの為だと思うのですが、型が小さくなっているようです。

そんな中で高知のものは最近少ないですが型が大きく値段も一個が1000円近い値段で取引されています。改めて季節の海の恵みに感謝したい気持ちにさせられます。

>> 戻る

Copyright(C)2004.KYOUYA-SYOKUHIN Corporation.All Rights Reserverd. このサイトに掲載の文章・写真の無断転載を禁じます。