アマダイ はも 加茂なす 万願寺唐辛子
だし 京とうふ 海老芋 湯葉
竹の子 本もろこ 九条ねぎ 汐鯖
イイダコ 生じゅんさい 京都宮津産トリ貝
とうがらし おいもさん 大徳寺納豆 棒だら
かぶら(蕪) 津居山の丸ガニ 明石鯛 油目
山椒 京生麩 茗荷 薄口醤油
ゆず 松茸 紫ずきん 金時にんじん
くわい 丹波黒大豆 さわら 京水菜(壬生菜)
ゆりね 手長海老 白みそ まなかつを
うり アマガレイ 丹波栗 ぶり
しらさ海老 京酢 やまいも あわび
里芋 岩牡蠣 車海老 ちりめんじゃこ
目板カレイ からすみ とこぶし 助子
穴子(マアナゴ)
里芋

本当にポピュラーな食材でもあり、冷凍品、生鮮品を問わず一年を通して使用することの出来る便利な食材でもあります。

旬は秋といってよいとおもいます。土付きのままでの長期保存も可能ですがこれから夏に向かって京都の鴨川の床が賑わいを見せる頃にいただく青柚子の皮を下ろして振りかけた「落子」の冷やした煮物は私のこの時期の大好物の料理です。

落子は西日本に多く栽培される「石川早生」という品種の子芋、孫芋、の小さなものをそう呼んでいます。もう少し大きめのものを「きぬかつぎ」などに利用したりも致します。新物の走りを料理屋さんは好んでお使いになりますが初期のころは沖縄や鹿児島から入って来ます。これとは別に「土垂」と呼ばれる関東に多い品種の芋は石川早生が丸いのに対して形がやや細長いのが特徴です。

中国産の冷凍里芋、六角里芋、が大量に入ってくるようになってからはありとあらゆるところで冷凍の里芋が使用されるようになりましたが、昨年来中国製品に対する安全性が不安視される事件が相次ぐなか今年になってからは国産の里芋が注目されています。

里芋を使った料理は沢山ありますが、煮た小芋があまったときなどにそれを素揚げにしていただきますとまたビールのおつまみなどにお勧めです。

>> 戻る

Copyright(C)2004.KYOUYA-SYOKUHIN Corporation.All Rights Reserverd. このサイトに掲載の文章・写真の無断転載を禁じます。