アマダイ はも 加茂なす 万願寺唐辛子
だし 京とうふ 海老芋 湯葉
竹の子 本もろこ 九条ねぎ 汐鯖
イイダコ 生じゅんさい 京都宮津産トリ貝
とうがらし おいもさん 大徳寺納豆 棒だら
かぶら(蕪) 津居山の丸ガニ 明石鯛 油目
山椒 京生麩 茗荷 薄口醤油
ゆず 松茸 紫ずきん 金時にんじん
くわい 丹波黒大豆 さわら 京水菜(壬生菜)
ゆりね 手長海老 白みそ まなかつを
うり アマガレイ 丹波栗 ぶり
しらさ海老 京酢 やまいも あわび
里芋 岩牡蠣 車海老 ちりめんじゃこ
目板カレイ からすみ とこぶし 助子
穴子(マアナゴ)
やまいも

山芋といわれて頭に思い浮かぶのは、私達京都で育った者にとっては丸いもと呼んでいる「丹波の山の芋」です。しかし関東のほうでは三味線のバチのような形をしたイチョウイモを大和芋と呼ばれて出回っています。丹波の山の芋や三重の伊勢芋なども大和芋の仲間ですが、その他におなじみのナガイモ、そして最も粘りのあるジネンジョなどがあります。

丹波特産の山の芋は毎年10月頃から出回りだしますが、年一回の収穫の為にオガクズを詰めて箱詰めされて低温で保管され翌年の新物が出るまで大事に使われます。皮がしっかりしている為こういった長期保存が出来るようです。

昔から粘りのある食べ物は健康に良いと言われておりますが、山の芋も滋養、強壮に良いとされており栄養食として食べられてきてます。薯蕷饅頭の皮、揚げ物、お好み焼きの中に、など色々使い道はあるようですが何と言いましても最もポピュラーなのがとろろ汁ではないでしょうか。

お出汁で延ばして戴くのですが、京都には「麦とろ」で有名な「山ばな 平八」さんという京都八瀬に程近いところに古くからのお店があります。ここはその昔は若狭との鯖街道の京都の玄関口で茶店を開かれておったのが始まりで、そこで疲れを癒すこの「麦とろ」が人気になったのだと思います。ここの若狭会席と呼ばれている料理には麦とろ以外にも若狭ぐじなど京都ならではの食材が使われています。

最近では京野菜の人気も手伝ってこの山の芋が関東方面で大変人気になっているようです。ただ皮を剥くときに手がかゆくなるので酢水を使うと少しましになるようです。こんな手間を省いてくれているのが我々も扱っている冷凍のすりおろした商品で、一年を通して安定した品質でお客様に喜ばれております。

>> 戻る

Copyright(C)2004.KYOUYA-SYOKUHIN Corporation.All Rights Reserverd. このサイトに掲載の文章・写真の無断転載を禁じます。