アマダイ はも 加茂なす 万願寺唐辛子
だし 京とうふ 海老芋 湯葉
竹の子 本もろこ 九条ねぎ 汐鯖
イイダコ 生じゅんさい 京都宮津産トリ貝
とうがらし おいもさん 大徳寺納豆 棒だら
かぶら(蕪) 津居山の丸ガニ 明石鯛 油目
山椒 京生麩 茗荷 薄口醤油
ゆず 松茸 紫ずきん 金時にんじん
くわい 丹波黒大豆 さわら 京水菜(壬生菜)
ゆりね 手長海老 白みそ まなかつを
うり アマガレイ 丹波栗 ぶり
しらさ海老 京酢 やまいも あわび
里芋 岩牡蠣 車海老 ちりめんじゃこ
目板カレイ からすみ とこぶし 助子
穴子(マアナゴ)
ぶり

これから本格的に寒くなるといよいよ「ぶり」の季節到来です。
日本海側は西高東低の冬型の気圧配置になりカミナリをともなった大荒れの天気になります。こうなると「ぶり」が岸に近づいてくるためこの荒れた天気を「ぶりおこし」とよびこうなるといよいよ日本海の定置網漁が本番を向かえます。これからの「寒ぶり」は脂が乗り最も美味しい季節です。特に「能登ぶり」 京都府の「伊根ぶり」は有名でこの辺りの定置網漁は冬の勇壮な風物詩となっています。北陸、関西方面ではお正月をはじめ寒い冬には欠かす事の出来ない食材の一つです。そしてそれぞれの地方における食文化に大きな役割を果たしてきた食材といえます。
またご存知のように「ぶり」は出世魚でもありその呼び名も幼魚のときから色々呼ばれてきてます。我々が一番耳にしてきたのは「ハマチ」「メジロ」ですがその他「ワカシ」「イナダ」「フクラギ」などと大きさによってよばれたりしてきてます。
料理としては刺身の他には塩焼き、照り焼きの焼き物。そして煮物としてはやはりぶり大根。最近では日本海側の旅館あたりでは、ぶりを薄くおろしてしゃぶしゃぶにする「ぶりしゃぶ」が大変人気メニューになっているようです。

>> 戻る

Copyright(C)2004.KYOUYA-SYOKUHIN Corporation.All Rights Reserverd. このサイトに掲載の文章・写真の無断転載を禁じます。