アマダイ はも 加茂なす 万願寺唐辛子
だし 京とうふ 海老芋 湯葉
竹の子 本もろこ 九条ねぎ 汐鯖
イイダコ 生じゅんさい 京都宮津産トリ貝
とうがらし おいもさん 大徳寺納豆 棒だら
かぶら(蕪) 津居山の丸ガニ 明石鯛 油目
山椒 京生麩 茗荷 薄口醤油
ゆず 松茸 紫ずきん 金時にんじん
くわい 丹波黒大豆 さわら 京水菜(壬生菜)
ゆりね 手長海老 白みそ まなかつを
うり アマガレイ 丹波栗 ぶり
しらさ海老 京酢 やまいも あわび
里芋 岩牡蠣 車海老 ちりめんじゃこ
目板カレイ からすみ とこぶし 助子
穴子(マアナゴ)
丹波栗

丹波の篠山を中心としたこの地方で栽培されているまさに栗の王様と呼ばれるに相応しい粒の大きさ、そしてもちろん味。これが丹波栗です。
我が家にも毎年10月の中頃になると篠山に住む学生時代の後輩から栗が送られてきます。この美味しい栗で栗御飯を炊いてもらうのが恒例になっています。
京都の市場にいて見ていると四国の愛媛辺りからの入荷が大変多いようです。特に季節の前半は四国の栗に料理屋さんも頼っている感があります。加工品は圧倒的に中国物が多く甘露煮、そして大ヒットした皮を剥いた甘栗なども一次加工された原料で入ってきているようです。韓国の栗は日本の栗に近いように私は思っていますが、この時期韓国産の栗を剥いて真空パックにして凍り詰めにした商品が多く売られています。これは価格も手頃で人気があるようです。
京都はまた全国一和菓子の優秀なお店が集まっているところでもあります。栗の出てくる季節には各お店で栗を使った自慢の一品が店頭に並びます。京都の美味しい和菓子を捜してみるのも楽しいかもしれません。
でも私の大好物は栗のタップリは入った「栗赤飯」です。何といってもこれに勝るものはありません。栗をはじめ丹波地方は食材の宝庫でもあるのです。

>> 戻る

Copyright(C)2004.KYOUYA-SYOKUHIN Corporation.All Rights Reserverd. このサイトに掲載の文章・写真の無断転載を禁じます。