アマダイ はも 加茂なす 万願寺唐辛子
だし 京とうふ 海老芋 湯葉
竹の子 本もろこ 九条ねぎ 汐鯖
イイダコ 生じゅんさい 京都宮津産トリ貝
とうがらし おいもさん 大徳寺納豆 棒だら
かぶら(蕪) 津居山の丸ガニ 明石鯛 油目
山椒 京生麩 茗荷 薄口醤油
ゆず 松茸 紫ずきん 金時にんじん
くわい 丹波黒大豆 さわら 京水菜(壬生菜)
ゆりね 手長海老 白みそ まなかつを
うり アマガレイ 丹波栗 ぶり
しらさ海老 京酢 やまいも あわび
里芋 岩牡蠣 車海老 ちりめんじゃこ
目板カレイ からすみ とこぶし 助子
穴子(マアナゴ)
アマガレイ(マコガレイ)

京都では普通アマガレイと呼んでいますが、関西ではマガレイと呼ぶところもあります。しかし「真鰈」とは別の種類ですので少々ややこしいです。
最近はどこも大型がめっきり少なくなってしまい、泳がせで入ってくる型のいいのは大変な高値で取引されます。お寿司屋さん、料理屋さんなどでは好んでお使いになるお店もございますが6月頃からが一番美味しくなる時期でこの時期のお刺身は絶品です。
皆さんも一度はお聴きになったこととおもいますが、大分県日出町の城址のあるあたりで漁獲されるアマガレイは特に有名で通称「城下かれい」と呼ばれているのはこのカレイのことです。
京都には和歌山、瀬戸内方面からの入荷が多いようですが、目板カレイなどに比べて大変弱い魚の為、あがるのを嫌がって扱うのを避けられる業者さんもあるように聞きます。いずれに致しましても、白身を大事にする京都の料理人にとっても貴重なさかなです。

>> 戻る

Copyright(C)2004.KYOUYA-SYOKUHIN Corporation.All Rights Reserverd. このサイトに掲載の文章・写真の無断転載を禁じます。