アマダイ はも 加茂なす 万願寺唐辛子
だし 京とうふ 海老芋 湯葉
竹の子 本もろこ 九条ねぎ 汐鯖
イイダコ 生じゅんさい 京都宮津産トリ貝
とうがらし おいもさん 大徳寺納豆 棒だら
かぶら(蕪) 津居山の丸ガニ 明石鯛 油目
山椒 京生麩 茗荷 薄口醤油
ゆず 松茸 紫ずきん 金時にんじん
くわい 丹波黒大豆 さわら 京水菜(壬生菜)
ゆりね 手長海老 白みそ まなかつを
うり アマガレイ 丹波栗 ぶり
しらさ海老 京酢 やまいも あわび
里芋 岩牡蠣 車海老 ちりめんじゃこ
目板カレイ からすみ とこぶし 助子
穴子(マアナゴ)
うり

京野菜と一般に呼ばれている京都府が認定した京の伝統野菜の中に「桂うり」と呼ばれるうりがあります。桂離宮で知られる京都市の南西方向の桂一帯で大変古くから作られてきたようです。「白うり」の仲間でパリパリとした食感が魅力で浅漬け、奈良漬けなどにして食されてきてます。私自身も含めて「桂うり」を知っている人も少ないのではと思います。「白うり」はこの夏の季節には大変よく使われる野菜で冬瓜と同様、鶏のそぼろの葛をかけて冷やした一品はこの季節ならではの料理です。また湯葉と炊き合わせたり、薄く切って酢の物や茗荷などと合わせたサラダなども食欲の落ちる夏にさっぱりとした清涼感を感じさせてくれます。料理屋さんによっては形の揃ったもので器代わりに使ってみたりされている店も存知上げております。料理用の野菜の専門店などには高価なものでありますが、20センチぐらいの長さの白うりの小箱が売っていますがこれを薄く切って吸い物の浮かしに使ったりもします。

余談になりますが、若い人達はもうご存知ないかもしれませんが「マクワウリ」という素朴な甘みのあるマンゴぐらいの大きさの美味しいウリが昔は沢山作られていました。私も小さい頃田舎に行くとおばあちゃんが帰りにこの「マッカ」(マクワウリの事)とスイカを両手に持てないくらいお土産に持たしてくれました。今は甘いメロンにとって変わられた感がありますが、昨年韓国に行った時に向こうで食べる機会がありたいへん懐かしく感じたものでした。

>> 戻る

Copyright(C)2004.KYOUYA-SYOKUHIN Corporation.All Rights Reserverd. このサイトに掲載の文章・写真の無断転載を禁じます。