アマダイ はも 加茂なす 万願寺唐辛子
だし 京とうふ 海老芋 湯葉
竹の子 本もろこ 九条ねぎ 汐鯖
イイダコ 生じゅんさい 京都宮津産トリ貝
とうがらし おいもさん 大徳寺納豆 棒だら
かぶら(蕪) 津居山の丸ガニ 明石鯛 油目
山椒 京生麩 茗荷 薄口醤油
ゆず 松茸 紫ずきん 金時にんじん
くわい 丹波黒大豆 さわら 京水菜(壬生菜)
ゆりね 手長海老 白みそ まなかつを
うり アマガレイ 丹波栗 ぶり
しらさ海老 京酢 やまいも あわび
里芋 岩牡蠣 車海老 ちりめんじゃこ
目板カレイ からすみ とこぶし 助子
穴子(マアナゴ)
手長海老

昔から八寸やお節の中に真っ赤に甘露煮にされた手長海老を召し上がられた方は沢山おられることと思います。皮ごと炊いてあるので口の中でぽりぽり、ゴワゴワと私自身は決して美味しいとは感じていません。でもこれからの季節にはそうめんに乗せてみたり、から揚げにしてみたりと私の中ではどちらかと言えば夏によく使われる食材のイメージがあります。京都では琵琶湖産(湖産)の物を手長海老に限らず大変珍重してきた歴史がありますが湖産のものは大変高くなりすぎて手が出にくく手長海老もkg/10000円ぐらいはするでしょう。でもやはり色が綺麗で高級料亭で湖産でないとと言う声がきかれます。私の鮎釣り仲間が昔夜に和歌山の川で獲ってきた手長海老を居酒屋さんに持ち込んで天ぷらにして食べたことがありましたが、全国の湖や川に結構生息はしているようです。他のものと同様に近隣のアジア諸国からも輸入されており価格は非常に安い物なのですが、色目が出ない為価値がありません。料理材料の中にはこの赤い色が意外と少ない為にお使いになる料理人さん達に、決してメインになる食材ではないのですが大切に扱われておるのだと思います。

>> 戻る

Copyright(C)2004.KYOUYA-SYOKUHIN Corporation.All Rights Reserverd. このサイトに掲載の文章・写真の無断転載を禁じます。