アマダイ はも 加茂なす 万願寺唐辛子
だし 京とうふ 海老芋 湯葉
竹の子 本もろこ 九条ねぎ 汐鯖
イイダコ 生じゅんさい 京都宮津産トリ貝
とうがらし おいもさん 大徳寺納豆 棒だら
かぶら(蕪) 津居山の丸ガニ 明石鯛 油目
山椒 京生麩 茗荷 薄口醤油
ゆず 松茸 紫ずきん 金時にんじん
くわい 丹波黒大豆 さわら 京水菜(壬生菜)
ゆりね 手長海老 白みそ まなかつを
うり アマガレイ 丹波栗 ぶり
しらさ海老 京酢 やまいも あわび
里芋 岩牡蠣 車海老 ちりめんじゃこ
目板カレイ からすみ とこぶし 助子
穴子(マアナゴ)
京水菜(壬生菜)

京野菜の中でも最もポピュラーで京菜の名前で親しまれてきた野菜です。価格的にもリーナブルで最近ではサラダの材料として様々な業態でメニューに取り上げられています。近年では京漬物の需要が多くあるためなのか一年を通じて市場に出回っています。もともと稲作の後作として作られていたものなので冬の寒の時期が旬になります。現在は京都の南の方にあたる上鳥羽あたりが主産地のようですが京都の底冷えの季節こそ露地物は甘みが増しあのシャキシャキ感が何とも言えません。京のおばんざいに「お揚げと水菜のたいたん」があります。水菜を使った料理の代表的な一品です。鯨のハリハリ鍋にはなくてはならない相方ですし、お鍋にはもちろん、サラダ、生春巻き、おひたし、漬物など色々な料理に人気があります。しかしながら何といっても水菜の命はこのシャキシャキ感がすべてですのでこの食感を生かした調理方法で扱いたいものです。この京水菜とは別に同じ仲間で「壬生菜」があります。壬生菜は水菜の変異したもので葉に切れ込みのないのが特徴で壬生寺のあたりで多く栽培されていたためにこの名前がついたようです。京水菜の切れ水菜と呼ぶのに対して壬生菜を丸水菜と呼んだりいたします。寒さに強くお味も癖のない水菜より少しほろ苦さあるのが特徴です。

>> 戻る

Copyright(C)2004.KYOUYA-SYOKUHIN Corporation.All Rights Reserverd. このサイトに掲載の文章・写真の無断転載を禁じます。