アマダイ はも 加茂なす 万願寺唐辛子
だし 京とうふ 海老芋 湯葉
竹の子 本もろこ 九条ねぎ 汐鯖
イイダコ 生じゅんさい 京都宮津産トリ貝
とうがらし おいもさん 大徳寺納豆 棒だら
かぶら(蕪) 津居山の丸ガニ 明石鯛 油目
山椒 京生麩 茗荷 薄口醤油
ゆず 松茸 紫ずきん 金時にんじん
くわい 丹波黒大豆 さわら 京水菜(壬生菜)
ゆりね 手長海老 白みそ まなかつを
うり アマガレイ 丹波栗 ぶり
しらさ海老 京酢 やまいも あわび
里芋 岩牡蠣 車海老 ちりめんじゃこ
目板カレイ からすみ とこぶし 助子
穴子(マアナゴ)
さわら

京都の仕出し、料理店、などで最もポピュラーに焼き物の材料として使われている魚ではないでしょうか。いつも思うのですが京都といわれて頭にすぐ浮かぶ、あるいは京都の料理屋さんにとってなくてはならない魚といわれて出てくるのが、鱧、甘鯛(ぐじ)、まなかつお、そして鰆ではないでしょうか?この鰆日本全国の沿岸に分布しており、小さいものは「さごし」とよばれる出世魚で中間の70センチぐらいのものを「なぎ」と呼んだりしております。淡白な柔らかい白身の魚ですから、様々な料理に珍重されています。京料理でいえば蒸し物、照り焼き、祐庵焼き、西京焼き、そしてお鍋の材料など癖のない上品な味だけに色々重宝されている材料だとおもいます。関西と関東では、若干旬の時期がづれるようですが、いずれにしても産卵前の脂の乗ったものが喜ばれますが子を持ちはじめるとハラボが薄くなって敬遠されがちです。京都では、10月から2月頃の寒の時期がシーズンで主に長崎、福岡、五島近海の4kg前後の釣り物が人気です。また瀬戸内での漁獲が多く、鮮度落ちの早い魚だけに産地である岡山、広島あたりの人々の特権でもありますが、この地域では刺身で食されたりたたきにして食べられております。京都ではやはり焼き物が最も多く脂の乗ったこの時期の祐庵焼きなどは最高のご馳走です。

>> 戻る

Copyright(C)2004.KYOUYA-SYOKUHIN Corporation.All Rights Reserverd. このサイトに掲載の文章・写真の無断転載を禁じます。