アマダイ はも 加茂なす 万願寺唐辛子
だし 京とうふ 海老芋 湯葉
竹の子 本もろこ 九条ねぎ 汐鯖
イイダコ 生じゅんさい 京都宮津産トリ貝
とうがらし おいもさん 大徳寺納豆 棒だら
かぶら(蕪) 津居山の丸ガニ 明石鯛 油目
山椒 京生麩 茗荷 薄口醤油
ゆず 松茸 紫ずきん 金時にんじん
くわい 丹波黒大豆 さわら 京水菜(壬生菜)
ゆりね 手長海老 白みそ まなかつを
うり アマガレイ 丹波栗 ぶり
しらさ海老 京酢 やまいも あわび
里芋 岩牡蠣 車海老 ちりめんじゃこ
目板カレイ からすみ とこぶし 助子
穴子(マアナゴ)
丹波黒大豆

お正月のお節に欠かせないものの一つに黒豆の煮物があります。黒豆といえば丹波産。丹波篠山地方の黒豆はその気候風土が篠山盆地独特の粘土質の土壌と昼と夜との寒暖の差が大きい土地柄を利用して栽培されています。この大粒の黒豆は大きさ艶ともに最高級品の太鼓判がおされています。主に煮物が中心ですが、和菓子をはじめ様々なメニューが開発されて地元丹波の特産品として珍重されて来てます。「丹波黒」というのは品種の名前でどこで栽培されてもこの名前を使える為、丹波産丹波黒と混同される可能性がおおいに御座います。生産量としては兵庫県よりも岡山県が全国的にみても一番多く栽培されておりますが、近年は枝豆用に品種改良されて黒豆として生産されるのとは別に、黒豆の枝豆としての人気も高く「紫ずきん」などは京のブランド産品に加えられて認知度も高くなっています。その為篠山地方では発売の解禁日を統一して他の産地の早生種との差別化を消費者にアピールしていこうとされています。蛋白質をはじめビタミンB1、B2など栄養豊富な食材でもあり、咳止めなどの薬効もあるといわれます。料理屋さんの炊き上げた大粒のシワ一つないきれいな煮豆は手間がかかっているだけに芸術的にさえみえます。お節の時期だけではなく色々な調理方法で年間を通じていただきたい食材でもあります。

>> 戻る

Copyright(C)2004.KYOUYA-SYOKUHIN Corporation.All Rights Reserverd. このサイトに掲載の文章・写真の無断転載を禁じます。