アマダイ はも 加茂なす 万願寺唐辛子
だし 京とうふ 海老芋 湯葉
竹の子 本もろこ 九条ねぎ 汐鯖
イイダコ 生じゅんさい 京都宮津産トリ貝
とうがらし おいもさん 大徳寺納豆 棒だら
かぶら(蕪) 津居山の丸ガニ 明石鯛 油目
山椒 京生麩 茗荷 薄口醤油
ゆず 松茸 紫ずきん 金時にんじん
くわい 丹波黒大豆 さわら 京水菜(壬生菜)
ゆりね 手長海老 白みそ まなかつを
うり アマガレイ 丹波栗 ぶり
しらさ海老 京酢 やまいも あわび
里芋 岩牡蠣 車海老 ちりめんじゃこ
目板カレイ からすみ とこぶし 助子
穴子(マアナゴ)
くわい

お正月のお節料理には欠かす事の出来ない食材です。主産地としては埼玉の青くわいに広島の白くわいが中心ですが、京野菜や加賀野菜にも含まれており、大切に受け継がれてきております。ご存知のとうり球塊からでる芽がくわいの一番の特徴で芽が出るから目出度いに結び付くことからお正月の縁起物としてお節の中には必ず用いられてきました。くわいには独特のえぐみがある為茹でこぼしてえぐみを取ったりして調理します。ただ最近中国からのフレッシュが入ってきており、中国産にも日本種のものと中国種のものと2種類あり中国種のものがえぐみが少ないとのことで逆に国産より好まれるというような話を聞いたことがあります。また煮物にするときに一度油通しをしてから煮たり、きれいな色に仕上げるのにクチナシを使ったりもいたします。くわいせんべいを作るときは薄くスライスしたものを水に十二分にさらしてから揚げます。これは結構美味しいもので私も大好きです。このくわいとは別の物になるのですが、よく中華料理の炒め物などに独特のシャリシャリとした食感のくわいをご存知かとおもいますが、これは鳥芋(からすいも)とか呼ばれている近い仲間のイヌクログワイというのが正式名だそうです。これもなかなか食感がよく私としてはこちらのほうが好みでもあります。普段あまり口にしない食材ですので、お正月には是非とも皆さんに召し上がっていただきたいものです。


>> 戻る

Copyright(C)2004.KYOUYA-SYOKUHIN Corporation.All Rights Reserverd. このサイトに掲載の文章・写真の無断転載を禁じます。