アマダイ はも 加茂なす 万願寺唐辛子
だし 京とうふ 海老芋 湯葉
竹の子 本もろこ 九条ねぎ 汐鯖
イイダコ 生じゅんさい 京都宮津産トリ貝
とうがらし おいもさん 大徳寺納豆 棒だら
かぶら(蕪) 津居山の丸ガニ 明石鯛 油目
山椒 京生麩 茗荷 薄口醤油
ゆず 松茸 紫ずきん 金時にんじん
くわい 丹波黒大豆 さわら 京水菜(壬生菜)
ゆりね 手長海老 白みそ まなかつを
うり アマガレイ 丹波栗 ぶり
しらさ海老 京酢 やまいも あわび
里芋 岩牡蠣 車海老 ちりめんじゃこ
目板カレイ からすみ とこぶし 助子
穴子(マアナゴ)
紫ずきん

もう発売されてから10年近くになるのでしょうか?今ではその名前もすっかり定着してこの季節の人気商品になった感があります。丹波の黒豆を枝豆用に品種改良されてできた商品です。10月に入りますと本家本元の丹波の黒豆の枝豆が出回るようになりますがそれに先駆けて紫ずきんは入荷するようになります。このしゃれた名前の名付け親は前京都府知事の荒巻禎一氏がうっすら紫色をしたこのお豆さんをみて付けられたそうです。紫ずきんより黒豆の枝豆の方が美味しいといわれる方もおられますが、魅力はこの粒の大きさと甘みではないでしょうか。袋には(社)京のふるさと産品価格流通安定協会の京のブランド産品のマークが入っており京都の特産品として関東方面にも沢山出荷されているようです。ただ消費者からはもう少し安ければと言う声も聞かれます。食べ方としてはもちろん塩ゆでして頂くのが最もポピュラーで一番紫ずきんの味を楽しんでもらえる食べ方だと思いますが、豆御飯やサラダ、掻き揚げなどにしていただくのもいいのではと思います。話は余談になりますが京都の亀岡から丹波の篠山に抜ける通称「デカンショ街道」といわれる道があります。10月に入りますとこの道沿いに黒豆の枝豆を売る店がノボリを立てて沢山並び枝についたままの黒豆の枝豆が山盛り積まれて販売されております。

>> 戻る

Copyright(C)2004.KYOUYA-SYOKUHIN Corporation.All Rights Reserverd. このサイトに掲載の文章・写真の無断転載を禁じます。