アマダイ はも 加茂なす 万願寺唐辛子
だし 京とうふ 海老芋 湯葉
竹の子 本もろこ 九条ねぎ 汐鯖
イイダコ 生じゅんさい 京都宮津産トリ貝
とうがらし おいもさん 大徳寺納豆 棒だら
かぶら(蕪) 津居山の丸ガニ 明石鯛 油目
山椒 京生麩 茗荷 薄口醤油
ゆず 松茸 紫ずきん 金時にんじん
くわい 丹波黒大豆 さわら 京水菜(壬生菜)
ゆりね 手長海老 白みそ まなかつを
うり アマガレイ 丹波栗 ぶり
しらさ海老 京酢 やまいも あわび
里芋 岩牡蠣 車海老 ちりめんじゃこ
目板カレイ からすみ とこぶし 助子
穴子(マアナゴ)
薄口醤油

私たち京都人の自慢であり、食材に携わる仕事をしている一個人としても誇りに思う「京料理」にとって欠かす事の出来ない食材です。皆さんも関西の方が関東へ行って食べたうどんの出汁の話は聞かれたことがあるとおもいます。出てきた御うどんが何と真っ黒のお出汁に入っており食欲がなくなってしまったお話です。関西では薄口醤油を使用して作るためこのお出汁の色にびっくりしてしまうのです。京料理の特徴でもある素材の持ち味を生かし、季節感を演出する色合いなどを十二分に引き出させる関西の料理に適した調味料として兵庫県龍野地方でつくられてきたのです。「京料理」は薄口醤油なくしては成立しないと言っていいのではないでしょうか。龍野地方の揖保川の水は醤油の黒い色を進行させる原因となる鉄分が非常に少ないことが龍野地方が薄口醤油の産地として発展してきた要因といわれています。現在京都で麹作りからお醤油を作っておられるお店はわずかに2軒といわれています。古くから日本のたいせつな輸出品として世界中で愛用され、現在の海外での日本食ブームを支える調味料としても欠くことのできない存在です。また醤油には世界中のどんな料理にもうまく溶け込む不思議な魅力があります。こんな日本の財産を私たちも存分に享受したいものです。

>> 戻る

Copyright(C)2004.KYOUYA-SYOKUHIN Corporation.All Rights Reserverd. このサイトに掲載の文章・写真の無断転載を禁じます。