アマダイ はも 加茂なす 万願寺唐辛子
だし 京とうふ 海老芋 湯葉
竹の子 本もろこ 九条ねぎ 汐鯖
イイダコ 生じゅんさい 京都宮津産トリ貝
とうがらし おいもさん 大徳寺納豆 棒だら
かぶら(蕪) 津居山の丸ガニ 明石鯛 油目
山椒 京生麩 茗荷 薄口醤油
ゆず 松茸 紫ずきん 金時にんじん
くわい 丹波黒大豆 さわら 京水菜(壬生菜)
ゆりね 手長海老 白みそ まなかつを
うり アマガレイ 丹波栗 ぶり
しらさ海老 京酢 やまいも あわび
里芋 岩牡蠣 車海老 ちりめんじゃこ
目板カレイ からすみ とこぶし 助子
穴子(マアナゴ)
油目

「あいなめ」とも呼びます。磯魚であまり大きくはなりませんが、北海道の「ホッケ」なども同じ種類に属します。活け物はだいたい400g〜500gが中心ですがこの春の時期の高級魚でkg/6000円〜7000円の値段がつきます。この魚、旬を外すと極端に美味しくなくなると聞いていますが、桜の時分には竹の子とともになくてはならない食材です。といいますのも油目の揚げ出しが私の大好物でもある為食事にいくと必ず今日は「油目」あるかと聞くのが常です。この魚は小骨がやっかいな魚で骨切りをしたりあるいは丁寧に小骨を一本づつ抜いたりして使います。その為殆んど一般の魚屋さんの店頭に並ぶことはないと思いますので家庭ではめったに口にすることが出来ない魚だとおもいます。料理としては、焼き霜にしてお造りで、また骨切りして葛を打って椀物になどとして出されるのが多いようです。機会がありましたら、大根おろしたっぷりの油目の揚げ出しを是非召しあがってみてください。身質は白身の底物に多い淡白でポロポロとした美味しい魚です。

>> 戻る

Copyright(C)2004.KYOUYA-SYOKUHIN Corporation.All Rights Reserverd. このサイトに掲載の文章・写真の無断転載を禁じます。