アマダイ はも 加茂なす 万願寺唐辛子
だし 京とうふ 海老芋 湯葉
竹の子 本もろこ 九条ねぎ 汐鯖
イイダコ 生じゅんさい 京都宮津産トリ貝
とうがらし おいもさん 大徳寺納豆 棒だら
かぶら(蕪) 津居山の丸ガニ 明石鯛 油目
山椒 京生麩 茗荷 薄口醤油
ゆず 松茸 紫ずきん 金時にんじん
くわい 丹波黒大豆 さわら 京水菜(壬生菜)
ゆりね 手長海老 白みそ まなかつを
うり アマガレイ 丹波栗 ぶり
しらさ海老 京酢 やまいも あわび
里芋 岩牡蠣 車海老 ちりめんじゃこ
目板カレイ からすみ とこぶし 助子
穴子(マアナゴ)
京都宮津産(舞鶴産)のトリ貝

トリ貝も冬から初夏にかけていろいろな産地のものが入荷いたします。韓国産の輸入物も豊富に入ってきております。国内物は春の能登産のものが高い評価を受けておるようですが、この七月頃から漁がはじまる宮津、舞鶴産のトリ貝は近年ますます人気が高まり今年なんかの初値は貝一枚が何と2000円を超える高値がつくまでになっております。天然物、養殖物と両方ありますが、その年の漁模様も悪いときには痩せたペラペラなものしか獲れない年もあります。何といっても一枚15センチにもなる肉厚で大ぶりの貝は東京方面にも出荷され人気を博しているようです。今年も私は料理屋さんで少し頂きましたが、どこのお店でも使える食材とはいかないようです。

>> 戻る

Copyright(C)2004.KYOUYA-SYOKUHIN Corporation.All Rights Reserverd. このサイトに掲載の文章・写真の無断転載を禁じます。