アマダイ はも 加茂なす 万願寺唐辛子
だし 京とうふ 海老芋 湯葉
竹の子 本もろこ 九条ねぎ 汐鯖
イイダコ 生じゅんさい 京都宮津産トリ貝
とうがらし おいもさん 大徳寺納豆 棒だら
かぶら(蕪) 津居山の丸ガニ 明石鯛 油目
山椒 京生麩 茗荷 薄口醤油
ゆず 松茸 紫ずきん 金時にんじん
くわい 丹波黒大豆 さわら 京水菜(壬生菜)
ゆりね 手長海老 白みそ まなかつを
うり アマガレイ 丹波栗 ぶり
しらさ海老 京酢 やまいも あわび
里芋 岩牡蠣 車海老 ちりめんじゃこ
目板カレイ からすみ とこぶし 助子
穴子(マアナゴ)
海老芋
山芋に対して里芋と呼ばれるこの仲間はいろいろな種類がありますが、石川小芋の種類がよく使われます。里芋は茎の部分を食用にしているわけですが、料理屋さんがよく使う「白ダツ」などは葉柄を食べていることになります。普通春に種芋を植え秋の収穫する為、旬は秋ということになります。私も大好きなのですが鴨川の床の季節に料理屋さんは新物の落子を冷やしてゆずをおろしてだしてくれます。中央市場で見ていると沖縄から始まった産地が順番に東へ移っており、人気の高い泉州のものは京都に入ってくる産地では、終わりのほうになります。そして海老芋ですが「唐芋」と呼ばれる仲間で京との伝統野菜の中にも入っていまして京都の一番南、奈良に近い精華町あたりで栽培されています。土寄せを何回も繰り返すために土の重さで海老の形に曲がるのでこの名前がついたそうです。しかしながら料理屋さんのお話を聞いていると泉州、富田林の海老芋が一番評価が高いようです。この海老芋、料理屋さんがむくときは写真のようにもとの目方の半分ぐらいになってしまいますのでいつももったいないことしはるなぁと感心しています。そして何と言っても海老芋といえば「棒だら」と煮付けた京都の伝統料理「いもぼう」です。私の家でもおせちには必ず家内の母親がたいて持ってきてくれます。(彼女は料理の名人です。特に煮物は・・・)八坂神社の奥、丸山公園の一角にかの有名な京料理「いもぼう」平野屋さんがあります。何と、この海老芋を最初に栽培されたのが平野屋さんの祖先にあたる平の権太夫という方で江戸は安永年間今から二百数十年昔のことだそうです。そして今も京都では脈々とこの「いもぼう」という料理が受け継がれています。京都のおせちには欠かすことのできない一品です。

>> 戻る

Copyright(C)2004.KYOUYA-SYOKUHIN Corporation.All Rights Reserverd. このサイトに掲載の文章・写真の無断転載を禁じます。